テクノロジー

穀倉で研究可能なテクノロジー

投稿日:

壁系の建物は石5で1マス分を作成することができ、非常にコストパフォーマンスに優れている。道具の時代に入ったらなるべく早く石壁を研究し、内政地を囲うよう石壁をはりたい。

石壁でかなりの耐久力があるため、青銅の時代に防壁にアップグレードする必要はほとんどない。鉄の時代になって象徴戦を行う際や、内政地に相手の近接ユニットが到達しそうな時など、防壁、砦へのアップグレードを行いたい。

 

塔系の建物は1本あたり石150のコストがかかり、建築にも時間がかかること、移動することができないことを考えるとコストパフォーマンスが悪い。塔を建てるぐらいであれば、その石を石壁に使用し、軍隊ユニットを作成した方が良い。

石75で塔を建造できるローマでのみ、作成の価値があると言える。

鉄の時代に入ってもまだ勝負が長引きそうな時は、監視塔を要所に建造することで、じわじわと優位に立てる時もある。象徴戦についても、優先すべきは壁で、壁を十分にはって石が余る場合は塔を建てたい。

なお、弩砲塔は監視塔よりも攻撃力が高いが、攻撃スピードが2分の1になっている。アップグレードコストも非常に高価なため、研究する価値はない。

-テクノロジー

執筆者:

関連記事

no image

政治機関で研究可能なテクノロジー

ラクダ騎兵、騎兵、戦車兵、戦車射手をメインユニットとして使用する文明については非常に重要なテクノロジー。青銅中期のユニット数がある程度揃ってきたタイミングで研究したい。 貯蔵庫で研究できる防御系テクノ …

no image

市場で研究可能なテクノロジー

いずれも重要なテクノロジー。木は石・金に比べて非常に多く使用される資源であり、木の収集を行っている農民の数はどの時代も多い。また、木を切る能力のアップについては、収集速度が増加するだけでなく、一度に持 …

no image

貯蔵庫で研究可能なテクノロジー

近接ユニットの攻撃力を上げるためのテクノロジー。町の人及び軍用象・重装軍用象には適用されない。 「道具の加工」は道具の時代の斧戦士ラッシュ、青銅の時代の騎兵・ラクダ騎兵・戦車兵ラッシュ、いずれの場合も …